読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブングログ

手にした文具のことから本のことなど

パイロットコクーンとラミーサファリ 比べてみた

万年筆 東川口本店

久しぶりに更新になります。
実は7月に記事を用意していたのですが、モータースポーツ活動でドタバタしており、やっと公開です・・・(ゼウスジャパンのモータースポーツブログも是非ごらんください。この度全日本ダートトライアル選手権BMW MINI R56Sを投入しました♪)

2016年のLAMYサファリの限定色「ライラック」を購入したので、今回は上にあげた3つの万年筆を比較したいと思います。

 

f:id:haru-gc:20160905181311j:plain

国産メーカーと海外メーカーの太さの違い

同じ万年筆のF字(細字)M字(中字)でも、国産メーカーと海外メーカーでは実は微妙に太さが違います。

よく聞くのが、

「国産でFを使っているから、海外もFを買ったところ、思ったより太かった」

という点でしょうか。

国産万年筆でFを使っていて、海外でもFぐらいの太さが欲しい場合は、EF(極細)を選ぶと調子が良いです。

また、国産M字相当の万年筆を海外メーカーで欲しい場合には、F(細字)を選ぶといいと思います。

太さと書き心地

LAMYサファリのF字は、パイロット・コクーンF字よりきもち太く、セレモのMよりちょっと細い感じです。

f:id:haru-gc:20160905180514j:plain

小さめの手帳に書き込むのは厳しいですが、

書き心地は「するする」

パイロットもプラチナもどちらも「カリカリ」という感じがしますが、LAMYはカリカリ感を感じません。
筆記速度が速いと、ちょっともたつきを感じる点が気になります。
価格相応といったところでしょうか。

新作でます

LAMYは秋ごろに新作がでます。
こちらもゼウスジャパンでは入荷予定ですので、お楽しみに!