読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブングログ

手にした文具のことから本のことなど

プラチナ万年筆 インクカートリッジのこと

万年筆 雑感

年末からこのことろ、プラチナ万年筆のカートリッジインクが品薄状態です。

昨年から発注していた、カーボンブラックカートリッジのほか、年明けに発注したピンクなどが入ってこないのと、他の色もいただいたご注文で在庫がなくなってしまったので、担当営業さんにいつ頃入荷するか聞いたところ・・・

プラチナさんのインク製造機械が故障しているため、マイナーなカラーインクの生産を一時中止または減産して、一般的なカラーのインク(ブラック・レッド・ブルーブラック)などを優先して生産しているそうです。

 現在はピンク・バイオレットが在庫切れです。
インクの在庫をきをつけてチェックはしていますが、実店舗のほか複数のネットショップでも販売していますので、万が一欠品してしまった場合はどうかご容赦ください。

アマゾンなどを見ると、一部法外な値段で販売している業者さんもいますが、品薄や品切れは一時的なものです。(2本いりのインクの定価は216円です。)

この世からなくなってしまうわけではないので、どうかあわてないでください。

そこでコンバーター

万年筆の便利なところは、コンバーターを使えばメーカーを気にせず好みの色を使うことができます。

もしコンバーターをお使いになったことがなければ、折角ですのでコンバーターを使ってみてはいかがでしょうか?

プラチナのコンバーターは2種類。

store.shopping.yahoo.co.jp

store.shopping.yahoo.co.jp

違いは・・・・色!
それ以外は使える万年筆、インク量は変わりません。


残念ながら格安万年筆筆頭のプレビーはメーカーでは「非対応」とのことですが、上位機種の1000円万年筆、プレジールには使うことができるので、もしプレビーユーザーで0.3や0.5をお使いでしたら、ステップアップするのも宜しいかと思います。
プレジールはボディもキャップもアルミになっているので、プレビーの弱点キャップ割れてきてテープで補修から開放されますよ。

プレビーの0.2でなければ!という方。
是非おもいきって、CENTURY#3776のEF(極細:プレビー0.2相当)ニブやUEF(超極細)ニブをお試しください。
全く違う書き味と満足感が得られると思います!
(私は手帳用は#3776のブラックインブラックのUEFを使っています)

そういえば、ブラックインブラックのラインナップ、プラチナのサイトから消えてしまいましたね。
今はブラックダイヤモンド(ロジウム仕上げ)に切り替わっているようです。

これは透明素材の黒で、シャルトルブルーブルゴーニュの素材の黒という感じです。

2月の新入荷情報を一つ・・・

2月の中旬ごろに、プラチナ万年筆から、古典インクが発売されます。

f:id:haru-gc:20170123184519j:plain

古典インク
茶葉等に含まれる植物由来の成分と
鉄分を調合した水溶性インクです。
紙に浸透し酸化されて定着するため、
耐光・耐水に優れ、長期間の保存に適した
特殊なインクです。
その特性上、書き始めは鮮やかなインクが
書き終える頃には黒く酸化していきます。
色が変化する過程もお楽しみください。

 とのことです。
プラチナのブルーブラックは古典ブルーブラック。
実際に書いてみると、最初は綺麗な青だったのが、だんたんと黒っぽい青に変化していきます。
今度出る新しい6色の古典インクがどのような変化をしていくのか、とても楽しみです。