読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブングログ

手にした文具のことから本のことなど

カランダッシュ 849 Classic とペリカンM101N 入荷しました

全日本ダートトライアルで福岡にいったりなんだったりで、やっとです・・・


4月に「カランダッシュ849 Classic FLUO」蛍光カラーの持っているだけで元気になれそうなメカニカルペンシルが入荷しました。
一言でいえば「シャープ」ですね

ボディは(たぶん)金属製。鉛筆みたいな六角形のボディ。
「たぶん」と書いたのは持った感じです。
実は最初プラ系の素材で、カランダッシュだからこのお値段かな?と思ったのですが、実際は全く違いました。
お値段に恥じない仕上がりです。
さすがカランダッシュでしょうか。

目にも鮮やかな蛍光カラーのボディ。
鉛筆と同じ六角形。これまた鉛筆のような「塗った感じ」がするのがおすすめです。
メカニカルなのにどこか鉛筆のようなぬくもりを感じるアイテムです。
f:id:haru-gc:20170408183459j:plain

替え芯は0.7㎜のものがカランダッシュから発売されています。
プラチナのプレスマン(0.9㎜)ほどの鉛筆感はないですが、書きやすい太さだと思います。

store.shopping.yahoo.co.jp

ペリカン M101N ブライトレッド

ペリカンの限定品、M101Nのブライトレッドです。
こちら、EFとFニブがそれぞれ1本ずつ入荷しました。

2011年にM100シリーズの復刻でトータスシェルブラウンが出て、その後のトータスシェルレッド、リザードから3年ぶりに登場。
赤いボディが美しい1本です。

f:id:haru-gc:20170408183513j:plain

シルエットは当時のままを再現しているそうです。
写真の復刻ラベルのボトルインクもセット。

単体でみると、他のショートボディよりも短く感じたので、比べてみました。

f:id:haru-gc:20170422182501j:image

収納時の長さはほぼ一緒。
クリップの位置でM205やM400より短くみえたようです。

すると、気になったのは筆記時のサイズ。
こちらも同じかな?と思ったら、意外や意外。
M101Nのほうが長いです。

 f:id:haru-gc:20170422182504j:image

M205とM400も筆記時にはちょっと長さが違うのね・・・という今まであまり気にしてなかった事実を発見。

M101N、復刻ということは、お母さんペリカンの子育て数も?!って思いましたが、こちらは現代と同じ一人っ子です。

f:id:haru-gc:20170422183449j:image

 

 

f:id:haru-gc:20170408183509j:plain

こちらも限定品なので、完売後の再入荷はありません。
ご希望の方はどうぞお早目に・・・

store.shopping.yahoo.co.jp

今後の入荷予定

今後の予定は、LAMY サファリの2017年新色 ぺトロールが入荷予定です。

インクも入ってくる予定です。

それと、ペリカン M800 ルネッサンスブラウン が入荷予定です。

どちらも5月の予定です。

ご予約承りますので、カメズハウスにお問い合わせいただければと思います。