読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブングログ

手にした文具のことから本のことなど

1000円万年筆比較してみた

セーラー、パイロット、プラチナ。

国内3社が販売している、1000円(+税)で買える入門万年筆を揃えましたのでレビューを・・・

「ためしてみたいけど、どれ選べばいいかわからない」
「難しそう」

「万年筆ってインク固まるとダメになるんでしょ」

「インクなくなったらどうするの?」

など、実際にお店でお客様にご質問いただいたこともあわせてご紹介します。

試したいけどわからない

わかります。

私もわかりませんでした。

本で見る万年筆はどれも10000円~上を見れば中古車、いえ新車買えるクラスものもまで。

「なんて高級な文具なんだ・・・」と思いました。

「ちょっと試してみたいのに、5000円とか出せないよ・・・」

わかります。私もそうでした。

このところ、各メーカーはそんな万年筆に興味ある方向けに、様々な入門機種を用意しています。
お試しにはとてもお手ごろな200円~出ています。
ですので、ちょっと試してみたいなら、以下の代表的なところで、(価格は税抜き)

プラチナ プレビー(200円~300円)

プラチナ プレジール(1000円)

パイロット カクノ(1000円)

セーラー ハイエースネオ(1000円)

セーラー クリアーキャンディー(1000円)

がおすすめです。

この中で、私が所有しているのは、プレビー、プレジール、カクノ、ハイエースネオです。
ですので、この所有している範囲内でお話したいと思います。

プラチナ プレビー

f:id:haru-gc:20160323195650j:plain

万年筆界最安値の1本。
太さはM字相当の0.5 F字相当の0.3 EF字相当の0.2
軸のカラーは0.3が一番豊富で7色。
0.3と0.2は黒・赤・青3色。
いずれもそれぞれの軸色に合わせた色のカートリッジインクが付属しています。
(プラチナは別売りのカラーカートリッジインクが全9色あります。)
ニブ(ペン先)はステンレス製(摩耗に強い特殊合金ポイント付)。
硬めのカリカリとした書き心地が特徴です。

実はプレビーはすごい万年筆で、カートリッジインクを差し込んだまま1 年経ってもインクが乾かない” スリップシール機構”のキャップが標準装備。
10000円のプラチナ#3776センチュリーと同じ機構のキャップです。
(固まるのが怖い、プラチナやセーラーの顔料インクが心置きなく使えます。)
0.5、0.3が200円、0.2は300円です。

それぞれの太さの使いどころですが、最初は0.3が使いやすいと思います。
手帳や細かい字が書きたい場合は0.2がおすすめですが、0.2は細い分インクフローがあまり良くない傾向があります。
0.5は大きくガシガシ書くのに向いています。インクフローが良い傾向があります。しかし太いので、細かくビッシリ書く人や、手帳に書くのは不向きです。
迷ったら、まずは0.3(Fニブ相当)をお選びください。

プラチナ プレジール

f:id:haru-gc:20160323200514j:plain

プラチナ万年筆の1000円万年筆。
細字0.3(Fニブ相当)中字0.5(Mニブ相当)の2種類で、0.3は軸色が7色。
0.5は3色あります。
この色の種類だけでも、基本的に一番選ばれているのが細字の0.3だということがわかります。
書き味はプレビーと全く一緒です。

全身樹脂ボディのプレビーとは違い、プレジールはアルミボディの万年筆です。
1000円シリーズの中では唯一のアルミボディ。
そして、写真で見てもわかるように、ニブなどの機構はプレビーと全く一緒!
もちろん、プラチナ自慢の「スリップシール機構」搭載です。
プレビーと違うのは、ボディだけじゃありません。
両用式でコンバーターも使えます。
(プレビーも使えるらしいですが、公式はおすすめしていません)
また、プレビーを頻繁に使っているとまれにあるのですが、プレビーは樹脂キャップが割れる時があります。その点、プレジールはアルミなのでその心配がありません。

プレビーのキャップ割れは「価格相応」と思って割り切ってしまうのがおすすめです。
きっと、プレビーのキャップが割れるほど使った頃には、もう少し良い万年筆が欲しくなると思いますから。

プレビー・プレジール購入時の注意
プレジールもプレビーもわりと量販店でむき出しでおいてあることが多いです。
そういうお店で購入する場合は、ペン先をよく観察してください。
無茶な触られ方をしておかしくなっている場合があります。
プレビーにいたっては、すでにカートリッジが刺さっているケースもあります。
左右の高さが違う、なんか他のより隙間が広いかも、ポイントがやたら他のよりでかい、ペン先が変形している、という場合もまれにあります。
プレビーならまだしも、1000円のプレジールではがっくりくるので注意してください。

パイロット カクノ

f:id:haru-gc:20160323202954j:plain

1000円万年筆ブームの火付け役というか、ある種ものすごい人気というか、本当にはじめて万年筆を使いたいという方に、プレビーではなくこちらを勧めてしまうほどの万年筆。

グッドデザイン賞キッズデザイン賞を受賞と言われ、納得の1本。
「え?キッズ?」
そう。もともとカクノはお子様向けに開発されました。
海外メーカーでは、以前からペリカンが学童用を出していますが、それの日本版がやっと出た・・・という感じでしょうか。

「はじめての万年筆」ということで、ボディは握りやすい太めの六角形。正しく握れるように配置された首部分の凹み。そして、正しい位置がわかるようにニブに記された「スマイルマーク」(現在ピンクのインクが入っているので、うっすら色づいています)

f:id:haru-gc:20160323204255j:plain

さらには、万年筆の使い方やお手入れ方法を記した、よみがな付きの取り説もセットされている、至れり尽くせり仕様!

f:id:haru-gc:20160323204421j:plain

こちらもニブの種類は細字のF、中字のMがありますが、迷ったら細字のFを選んでください。
書き味は同じプラチナ プレビーの0.3(F相当)よりインクフローが良くて気持ちよく書ける印象です。
ニブの素材は特殊合金(とメーカーサイトに記載されてますが、ステンレスだと思います。ポイント部分がプラチナ同様に特殊合金なのだと思います。)

付属のインクカートリッジは何色の軸を選んでも黒です。

カクノもプレビー同様に使っているうちに二つほど物足りなさがでてきます。
その1つが、クリップがないこと。
机に転がしておくならいいですが、ポケットに入れるとか、手帳に・・・となると太さもあいまって不便さがでてきます。
その2は、大人の方で、打ち合わせの席上で出すと万年筆カッコいいけど、デザインが子供っぽい・・・とのことです。
まぁ、確かに・・・と思います。私もそう思って、打ち合わせの席ではコクーンつかってます。

カクノに物足りなさを感じたら、次の万年筆へステップアップですね。

セーラー ハイエース ネオ

わりと昔からあったと思います。
私が買ったはじめての万年筆「ペリカーノJr」のAニブに飽きて、もっと普通に使えるお手ごろ万年筆はないだろうか・・・と探した記念すべき2本目。
その当時はまだプレビーもカクノも無かったように思います。(買ってから出てきたような)
クリップにラインストーンを貼ってみたのは、あまりの味気なさに少し彩りを足したかったから・・・・・かえってチープだとも言われましたが・・・

f:id:haru-gc:20160323211525j:plainニブは細字ニブ。ステンレス製Fニブで、ボディは樹脂です。キャップはアルミ。
両用式でコンバーターも使えますし、最近はクリアボディのモデルもでていますので、インク色を楽しみながら使うことができると思います。

筆記感ですが、個体差もあるのでしょうが私のはインクフローがイマイチで硬いです。
このクラスに贅沢は求めないので、価格相応と思っています。

はじめてのセーラー万年筆がこれだったので、この後「ふでDEまんねん」を手にするまでコレより上のセーラー万年筆に手をだしていないです。

なお、セーラー万年筆は同じ1000円クラスで「クリアーキャンディ」という大変愛らしいモデルを出しています。かなり女性を意識したデザインです。
ニブは写真は左がハイエースネオ、右は「マイファースト万年筆」のセットに入っているMF(中細)ニブですが、これと同じニブです。

f:id:haru-gc:20160323213345j:plain

もしセーラー万年筆で1000円万年筆を~と思うなら、同じ価格帯の「ふでDEまんねん」「クリアーキャンディ」もしくは、あともう一人英世さんを出して、「マイファースト万年筆」で両方味わってみるという選択肢があります。

「マイファースト」と「ふでDEまんねん」があるので、こちらのレビューはまた日を改めてご紹介したいと思います。

最後に・・・

万年筆は難しい筆記具ではないです。
普段から日記を書いたり手帳を使っている方でしたら「インクが乾いてダメになる」という心配はありません。
長く使わずに放置しているとインクが乾きますので(プラチナのスリップシール機構は以外)、使わないときはカートリッジやコンバーターを外して、ペン先を洗浄して乾かして保管すれば何の心配もありません。

また、鉛筆やボールペンみたいに筆記に力を入れる必要がないので書いていてあまり疲れません。気軽に楽しめますし、色々な色をいれて楽しめます。

インクがなくなれば、同じメーカーのインクカートリッジを差せばいいし、コンバーターに好きな色のインクを詰めれば良いのです。

「誰にも聞けない!」という方は、最初の1本は説明書がついている「パイロット カクノ」をおすすめします。
お店でしたら、初めての方にも使い方をお教えしますので、お気軽にお声掛けください。