読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブングログ

手にした文具のことから本のことなど

悲しい別れ さよならエミリア・ロマーニャ

万年筆 東川口本店

14日の早朝。
警備会社から東川口本店に泥棒が入ったと連絡がありました。
大急ぎで会社に向かいました。

ドアのガラスが割られていました。
いわゆる「サムターン回し」という手口みたいです。

驚きと怒りと焦り・・・中の様子が気になりますが、鑑識さんが作業をしているので中に入れません。

しばらくしてから、「中を確認してください」と言われ、代表と共に店内に入ります。

先日ご紹介した、DELTAのエミリア・ロマーニャの万年筆とボールペンが消えていました。

あと、私が一番最初にデザインしたシステム手帳バインダー1冊。
その下に飾ってあったバッグも1個無くなっていました。
きっとエミリア・ロマーニャとシステム手帳をそのバッグに詰めて逃走したのでしょう。

火曜日はお店の営業日です。
この日はあまりのショックで臨時休業したのは、フェイスブックで書いたとおりです。
がっつり凹みました。

悔しくて悲しかったです。
それは、エミリア・ロマーニャが限定品だからだけではないです。

私はお店に出す品物はこだわりと愛情をもって選定しています。
エミリア・ロマーニャも案内が来たときに、その美しさに惚れて入れた品物です。
そして、これはどんな品物でもそうですが、手にした人が喜んでくれる、手元にくるのを笑顔で待ち望んでくれてる・・・この品物は大切に愛される・・・そう思って送り出します。
エミリア・ロマーニャもシステム手帳もバッグも、「じゃあね」って声をかけてあげることも、手にされるお客様の笑顔を想像することもなく、忽然と消えてしまいました。

もう、こんな悲しいことはいやです。
いやなので、今回泥棒に入られたことを教訓に次へ進もうと思います。

 

 

こっから先は、多分ブログを見て情報収集してたであろう、泥棒さんへのメッセージです。

 

 

泥棒さん。
お店のドアものすごく頑張って破りあけましたね。
サムターンをまわすのにワイヤー切ったり大変でしたね。

エミリア・ロマーニャは転売目的かもしれませんが、50本の限定品ですのですぐに特定されます。
もしかしたら、あなた自身がエミリア・ロマーニャが欲しかったのかもしれませんね。
レッドステッチのシステム手帳が無かったのをみて、なんとなくそう思いました。

もし、あなたが自分で欲しくて使いたくて盗んだと思ってお話しましょう。
そのDELTAの万年筆とボールペンの書き味はいかがですか?
14Kニブの書き心地、楽しいでしょう?(インクもってる?)
ボールペンのツイスト感も気持ちよいですよね?
手に入れてウキウキしていますか?
あなたが手にいれたシステム手帳。他のシステム手帳と比べると、太くて大きいでしょう。それは、私がフランクリン・プランナーを使っていて、そのリフィルにあわせたサイズにしたからです。
フランクリン・プランナー知っていますか?
7つの習慣って知っていますか?
もし知らなかったら、マンガ版も出ているので一度読んでみてください。
あなたの人生がよりよいものになると思います。

あなたが手に入れたもの。あなたは満足していますか?
でも忘れないでください。
それはあなたが不法な方法で手にいれたのだということを。
使うたびに、見るたびにあなたはあの時の「怖さ」と「不安」を思い出すでしょう。
ある人がこういいました「泥棒はものを盗むのと一緒に、そこにある悪いものも一緒にもっていく」それを聞いて得心しました。
いろいろ悔しい思いもありますが、得るものもありました。ついでに悪いものも持って行ってくれてありがとうございます。

あとですね、カメラは必ずしも「見えるように設置してあるとは限らない」ということを覚えて置いてください。

願わくば、あなたがこれ以上道を踏み外すことなく、誠実な生き方ができますように。